JDA BLOGスタッフブログ

妻良キャンピングツアー

Posted: 2009年6月30日

6月27日~28日で、南伊豆の妻良に行ってきましたニコニコ

JDA STAFF ブログ

ちなみに、妻良の読み方は、「めら」と読みます音譜

間違っても、「つまよし」とは読まないでくださいね~(笑)

先日も、何人かの方が、「つまよし」と読んでいたらしいですが・・・(^_^;)

さて、本題の海の方なんですが、残念ながら、雨が降ってしまいました雨

天気予報では、曇りと出ていたと思ったんですが・・・くもり

ただ、ダイビング中はあまり雨も強くなく、ダイビングが終了して、片付ける頃から雨が強くなってきたのが唯一の救いですかね?

そして、風もほとんど吹いていなかったので、陸では、雨だけが敵でしたビックリマーク

JDA STAFF ブログ 行ってきま~すビックリマーク

水中はというと、今月前半に行った時よりも透明度は下がってしまい、5~8Mぐらいでした

水温は、コンピューター上には19℃20℃と表示されていましたが、体感的にはもう少し低いように感じましたダウン

ポイントは、「ぐいし」に2本潜りましたビックリマーク

魚はというと、キビナゴの群れカンパチイシダイ(大)などの群れや大物たちがいましたニコニコ

最近潜っていて思うのが、群れや大物が出てくる割合がかなり多くなってきたので、海がとてもよくなってきたのかなというのを感じますチョキ

ほかにも、ミノカサゴ・キンギョハナダイ・ニシキベラ・アカエイ(最近エイ率が高いような・・・)・メジナ・ハコフグなどなどがいました音譜

JDA STAFF ブログ ミノカサゴ

また、死滅回遊魚(しめつかいゆうぎょ)のニモビックリマーク(カクレクマノミ)も見ることができました音譜

ただ、今回のツアーで一番盛り上がったのが、通称「キー坊」!!

ツアーに参加してない人には、なんじゃそりゃ!?

というようなものですが、正式名称としては、

「キイロキヌハダウミウシ」

おそらく、それほど珍しいウミウシではないと思うんですが(ウミウシの知識があまりないもので)・・・

なぜ盛り上がったかというと、1本目でそのウミウシを見つけていて、2本目のダイビング直前に図鑑で名前をみんなで覚えたんです

名前を覚えてすぐに、またそのウミウシを見つけたので、みんな、「このウミウシ知ってる~!!」という感じになり、盛り上がったんですよねぇ~音譜

これは、水中に限らないんですけど、たとえば、最近のお笑いブームビックリマーク

そのお笑い芸人を知っていれば、友達同士の会話ででも、そのギャグやネタで笑えるけれど、その芸人を知らなければ、ギャグやネタで笑えないですよね?(元々のものを知らないので)

名前やその存在を知ってるだけで、「あっ、これ知ってる~ビックリマーク」というようにテンションが上がって楽しくなるんですよねニコニコ

JDA STAFF ブログ テンション上がってる~ビックリマーク

なので、みなさんも、1回のツアー、1回のダイビングで1匹ぐらいの割合でいいので、魚を覚えていってみてくださいニコニコ

そうすれば、きっと今よりもダイビングが楽しくなるはずです音譜

JDA STAFF ブログ イエ~イ音譜

水中ではいろいろな楽しみ方があります

みなさんも、自分に合った楽しみ方を、ぜひ、見つけてみてくださいねニコニコ

写真提供  ミジー

どうもありがとうございますニコニコ

ダイビングスクールJDA  えび